車のローン支払中でもあきらめないで!

現金一括!

で車を購入する人はいないわけではありませんが、300万円以上もする新車ならほとんどの人がローンを組むでしょう。

ただ、新し物好きでしたら、「新型車に変え買いたいな・・・」となりますが、ローンが足かせとなってすんなり売ることができないわけです。

車検証を車から取り出して、中身を見てみると「所有者」はディーラーや他ローン会社名で、あなたは使用者となっているはずです。

通常は、ローンを完済して、この所有権を解除して、あなたへその権利を移したあと、売ろうが何をしようが自由です。

しかし! そのまま買取店へ査定を依頼して、その売ったお金でローンを支払うといったサービスをカーチスやアップルなどの大手は提供してます。

例えば100万円のローンがあるところ、130万円で売れれば30万円の黒字になります。

ただ、逆に不足した場合は一括で支払う必要があるため、資金が足りない場合はオーバーローンを使います。

仮に30万円足りない場合は、次に購入予定の車(仮に300万円)に食い込んでしまうといった方法です。

しかしこの方法を繰り返すと個tで雪だるま式に支払いが増えてしまうため、注意が必要です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ