値引きの罠!新車ディーラー営業マンの手口とは?

車を処分して、新車を購入する・・・

となればほとんど人が、馴染みのカーディーラへ足を運び、試乗をし、気に入ったら見積をもらって検討をする。

ただ、そこで値引きの話がでるわけですが、内容をよく理解しないと損をしてしまう可能性があります。

それでは具体的に事例を紹介しますね。

≪新車:セレナ300万円 下取り車:ステップワゴン≫

①車体価格300万-本体値引き35万-下取り値引き50万=235万円

②車体価格300万-本体値引き35万-下取り値引き60万=245万円

1回目の交渉と2回目の交渉では、なにが違うのか?
下取りが10万円アップしましたよね?

ですが、実は下取り相場が60万円だったらどうでしょうか?

つまり、必ず値引き交渉になることを想定して、最初は50万円と安めに設定をし、
「もうすこし安く出来ない?」と聞かれたら、60万円と正常値に戻すわけです

ディーラーは新車を高く販売する会社です。

本体はどの店舗で購入しても、値引き可能な額は決まっているわけですから、
それ以上、アップと死活問題です。

しかし、われわれユーザーはほとんど相場などわかりませんし、比較対象であるライバル店も不在となれば・・・

こうした方法を使っても気づかれないわけです。

そのため、いっしょくたにせず、本体値引き額だけの交渉をしてみましょう。

相場をしり、ライバルを作り出す

とはいっても口下手の場合、抵抗があるかもしれません。

そこで事前に、複数の買取店専門店から見積をもらってだいたいの中古車相場をしった上で交渉をするといった方法が
効果的といえるでしょう。

ディーラーは買取店に愛車を奪われたとしても、新車が売れれば問題ないわけですから、
あまり気にする必要はありません。

ちなみに私はプリウスを店に売った経験がありますが。
下取りよりも25万円くらい高く売れた記憶があります。

とはいっても、ディーラーも最近は「春の応援キャンペーン」「ボーナス月間!」などを行っているため、
買取店よりも下取りのほうが高くなることがマレにあります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ